Return to site

手話ヨガ指導法入門講座について

***聴者のインストラクター向けに開催している「手話ヨガ指導法入門講座」について、実施するまでの経緯と、想いをこちらに記しています。***

まず、日本手話ヨガ協会について改めてご説明いたします。

わたしたちは、

・ヨガを通じた聴覚障害への理解啓蒙

・バリアフリーなレッスン提供ができるインストラクターの育成

このふたつをメインに、任意団体で活動しています(2018年6月30日現在。法人化を見据えて協会と名乗っています)。

難聴の女性と知り合ったことで聴こえない世界にふれ、手話を学び始めた代表の浅沼が、2016年に活動開始しました。

目を閉じ、インストラクターの声の誘導で行うヨガは、聴覚障害を持つ方々にとってはとても分かりにくいものです。

スタジオやジムで体験してみても、結局周りの人のマネをするだけで終わってしまったり、タイミングが合わずに気を遣ってかえって疲れてしまったり。さらには、聴こえないことを理由に入会や受講を拒否された経験のある方も少なくありません。

その現実を知ったとき、ヨガの指導を仮にも十年続けてきた中で、聴覚障害に思いが及ばなかったことを反省し、なんとかして、誰もが平等にヨガが学べる環境を作ろう!と決めました。

しかし、沢山いるヨガインストラクターに手話を何処かで勉強してもらえばいいという訳でもなく、反対に手話のできる人にヨガを学んで頂くのもかなりの時間を要します。

どちらもゴールのない深い深い学問のようなものなので、単純に通訳すれば良い、という話ではないのです。

そこで、聴覚障害に関する基礎的な知識と、レッスンに必要な最低限の簡単でわかりやすい手話表現を、聴こえない世界に全くふれたことのないインストラクターに習得していただこう!というのが、この講座です。

そしてそのインストラクターたちが日本各地で活動することで、聴覚障害者が自分の地域で安心してヨガを学ぶことができる環境が広がっていく、というのが理想です。

インストラクターのみなさんが積み重ねてきたヨーガをさらに深められるよう、1日みっちり講習いたします。

障害に関する知識がまったくなくても大丈夫です。

ゼロベースの方を対象にした内容なので、安心してご参加いただければと思います。

この入門講座はまだまだ入口です。

すべての人が等しくヨガの恩恵に与ることができるよう、ともに活動していきましょう!

日本手話ヨガ協会 浅沼みほ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly